お祭りを彩る衣装といえば浴衣や着物などもありますが、最近法被への注目が集まっています。比較的に安価であり、激しく動いても破れたりしないのでたくさんの人が同時に着ることに合っています。さらにはインターネット上のお店ではオリジナルの法被も受け付けているところもあります。デザインに複雑さが要らないので誰でも簡単にオリジナルを作ることが出来ます。また、どんな服の上からでも羽織るだけで祭りの雰囲気を演出出来るため、体操服の上から来て運動会の出し物を行う小学校もあります。大学生であればサークルのイベントの際にお揃いの物を着ることがあります。ちょうど良い派手さ加減に加えて、臨時スタッフへも貸し出しやすいので文化祭においても重宝されています。お揃いの法被を着るだけでも団結感がグッと固まるのでとてもオススメです。

オーダーメイドで法被を作成しよう

法被は、お祭りなどで着用する日本の伝統衣装です。最近では、オーダーメイドで作成することが流行っています。今は、オーダーメイドで法被を作ってくれる会社も多く存在しています。個人で、デザイン自由自在の完全オリジナルのものを着用することにより、お祭りなどで目立ち、個性を主張することができます。また、お祭りで、法被を一新したい地域が大量に作成する所も多いです。生地やデザインの種類も豊富で、枚数により価格が決まりますので、大量に作成することにより、安く購入できます。パソコンやスマートフォンから、簡単に見積もりや注文が出来ますので、手間なく作ることができます。デザイン料や修正は無料の所も多く、こだわり抜いたものを作成することができます。この日本の伝統衣装を、もっと大切にし、日本の文化向上のために、次の世代へ繋げていきましょう。

法被というのは昔からあります

法被は袖なしの胴衣である、半臂が転じて、ハッピとなった、ということが強い説になっています。要するに羽織や半纏のようなものであり、お祭りで着ているようなものであり、非常に根強く使われています。基本的には薄い物が法被になります。半纏は袷になります。基本的にお祭りやイベントやお店のキャンペーンの時に使われます。組織的に着るためにかなりの枚数を用意することが増えています。祭りのみならず、個人的に着ている人もいます。名前入れ法被もそれほど珍しいことではないです。紋章などを入れるのであれば、背中に入れることが多いです。裏地には特に拘ることはないですが、何か刺繍を入れることによって、お洒落をする、というのもよくあります。その程度のことであれば上手くできるようになっています。可能な限り粋な物を選ぶことです。

波柄やファイヤー柄ロングはっぴが¥2,990税込です! 既製品のはっぴ販売からフルオーダーのはっぴまで幅広く取り扱いしております。 横浜市の小学校様よりソーラン節用にはっぴのお申し込みを毎年頂いております。 横浜市の小学校御用達!ソーラン節用はっぴ作ります。 地域の自治会様にお祭り用にはっぴが大人気。 子供サイズから大人サイズまでご用意しております。 オリジナルの法被の注文はこちら